メンタルサポート

その思いはどこからくるのか...

  • 部下に仕事がまかせられない
  • 部下に仕事を頼みにくい
  • 自分でなんでもやろうとする

 

そんなことはないでしょうか? この気持ちの奥には、

  • 部下を信用していない
  • 部下にいい人にみられたい
  • 自分のやり方でやりたい
  • 自分のやり方を否定されたくない

等々、 いろんな思いがあります。

 

 

どうして、部下にいい人に見られたいのでしょうか?

これをもっと、もっと、つきつめれば、嫌われたくないとなります。

どうして、嫌われたくないのでしょうか?

その思いはどこからきていますか?

 

このように、普段の仕事のやりとりや人間関係から、自分の無意識の気持ちやくり返される行動パターンなどに気づいてもらい、自分にとって、楽でより良い生き方になるように、あなたと共にみつけていきます。

このような思いは、どこからきているかは、だいたいご自身の小さい頃の親との関わりの中で、自分自身が子供の目線で結論付けたことが多いです。

 

例えば、

  • 親が忙しい、それを見た子供は、親に心配をかけてはいけない
  • 親がたいへんな思いをしている 自分が守らねば
  • 親の言う言葉 親の言う事は絶対正しい

等々、子供は一人では生きてはいけないので、親のことが絶対です。親の言う通りにしないと生きてはいけません。サバイバルだと言っても過言ではありません。

 

このように、親や外部との関わりの中で独自の観念を結論つけて、それが今の自分の生き方に影響をおよぼしています。

 

結論づけた観念や思いこみなどを、それがどこからきたのか、何が原因だったのかをみつけて、再認識することで、それらが癒されます。

今、自分が何を思っているか、何を感じているか、自分の今の問題の考え方は、どこからきているか、など、明確にしていき、明確にすることで、納得がいきます。

 

どのようなやり方?

まず、お話をきかせていただきます。
カウンセリングを主にゲシュタルト療法、サブパーソナリティ、フォーカシングのなど、ご相談内容によって変わります。

 

<ゲシュタルト療法>

自分の思うことを形として表現し、心と体の一致として全体的に考えていくというやり方です。
その人の全体的なことをみていき、本人がそれを気づいていくようにしていきます。

【今、ここ】に焦点をあてて、自分が「今、何を感じているか」、それは、「今ここで起きている」と認識します。

自分の感情や思いは、それは自分自身がつくっているもので、自分が責任をとらなければいけないのです。自分におきたことを人のせいにするのではなく、今、私がどのように反応しようと、それを感じているのは自分。

今、ここで、自分に何が起きているかを気づく。

(例) あの人が私を傷つけた→(ではなく)→私は悲しい

今の私の状態に気づくということをやっていきます。

 

<サブパーソナリティ>

人はいろいろな側面をもっています。 自分の中にはいろんな自分があると考えます。
これはサイコシンセシスの考え方です。

例えば、
人に見せている自分。
とても、いい人です。頼まれたら、嫌な顔をせずこなします。

でも、ほんとは、 断われない自分がいます。
断わると相手が気を悪くするのではないか、とか、断わるのがこわい、とか。

無理をしているので、とてもしんどい自分がいます。

 

また、嫌とはっきり言えなかったと、それを批判する自分もいます。

でも、これら全て自分です。 その、批判する自分、断われない自分、しんどい自分、いい人の自分など、それぞれをひとつのパートと考えます。 そのパートの自分をサブパーソナリティ(副人格)といいます。

 

また、ほんとの自分もいます。 ほんとの自分はサブパーソナリティを統括している自分です。 上の視点で考えられる自分です。
私にはこういうサブパーソナリティがあるなと思える自分です。 これはセルフといいます。

 

ひとつのサブパーソナリティが大きな顔をして自分を占めていることが
それが今の自分を生きにくくしていることがあります。

まず、自分のその占めているサブパーソナリティがどういうものか考えます。
それをみつけたら、そのパートと向き合います。
自分の何かを守るためにそのサブパーソナリティがあるかもしれないですし、また、必要ないかもしれない。

この部分は自分のなんのためにあるのか?

もし、これがなくなると自分はどうなるか?

これが必要か?

等、考えて、気づく。

 

そのパートにどっぷり入るのではなく、自分にはこういう部分があるなと気づく。
あー、私にはこういうところがあるなと気づいては、流す。

上記の例のだと、 いい人であるのがしんどいとします。

 

  • 私には断われない自分がいるな、なんで、断われないんだろ?
  • 断わって相手に心象を悪くなるといやだ。
  • じゃ、この気持ちは、どこからきてる?
  • 拒否されるとイヤだという気持ちがある。
  • 拒否されて傷ついたことがある。

と、
これは架空のことで、いい人のサブパーソナリティから、自分の気持ちに気づいていくという一例ですが。

このように、セルフがパートを判断することなく、気づいていきます。

自分のできない部分、いやな部分を拒否することなく、ただこういうパートが自分にはあるんだと、ただ気づいていく。

気づいて、そのパートの言い分を聞いてあげることも必要な時もあるかもしれません。
ねぎらって、手放すことが必要になるかもしれません。
それらすべてがセルフの役目です。

このようにセルフは、パートに気づいてまとめていきます。
それらをして、何にも左右されない、ブレないセルフになります。

セルフを強化して、自分らしく、歩んでいくことができます。

 

<フォーカシング>

自分の体の声を聞いていきます。

自分の体に意識をむけて、何か気になる感じ、感覚(フェルトセンス)をみつけて、その感じにぴったりの言葉を探します。
その感じ、感覚に聞いていきます。

「何が言いたいですか?私にきづいてほしいことはありますか?」

等々

例えば,胃が痛くなる、ストレスがたまってくると肩が凝るなど
その胃や、肩に上記の質問をしていきます。

肩が、しんどいからもういいかげんにして、とか胃が、疲れているのに、食べ過ぎないでとか、その声に耳を傾けます。

そうすることで、体からのSOSのサインが聞き取れることができます。
体の声を聞くので、ストレスや病気など事前に理解でき、対処できるようになります。

カウンセリングやこれらの手法を使って、あなたがあなたらしく、楽に生きることをお手伝いします。

 

 

エグゼクティブ・コーチング

トップ方のお話を聞き、結果の出せる行動まで サポートします。利害関係のない、よき相談者となります。

メンタルサポート

経営者ご本人の他の人には相談できない内容や悩み等、解決に導きます。

相談事例

これまでの相談事例の「開運サポート編」「間取り編」などをご紹介いたします。

各種セラピー

ヒプノセラピー、ゲシュタルト療法、気功のようなエネルギー療法、身体のリズムとバランスを整えるクラニオセイクラルセラピーとで、心と身体に働きかけます。

代表プロフィール

中原 由利子

一般社団法人マーケティングコーチ協会認定 エグゼクティブコーチ/心理療法セラピスト/TDE式調整師/PCインストラクター

お問い合せ

090-5136-7167

受付日時:10:00~18:00(月~金)

【所在地】
〒541-0042 大阪市中央区今橋1-4-8
ワイズキタハマ 601号

【交通アクセス】

・地下鉄堺筋線「北浜駅」3番出口
 徒歩約4分
・京阪「北浜駅」30番出口 徒歩約1分

 

 

▲Top